• 結婚式のメイクの仕方

    結婚式のメイクの仕方はバランスが大切

    メイクはいうならば「TPO」、時間と場所と場合を考える必要があります。時間というのは時期です。 春夏秋冬の季節も関係しますし、年齢も関係します。 場所や時はそのシチュエーション、外出でどこに行くのか、またはどんな場へ行くのか、 を考える必要があります。

    更に、特にメイクの方法で使い分けが必要となるのは、冠婚葬祭のメイクでしょう。 色々な、その場に合ったマナーというのがあるだけに、メイクも日常通りではダメです。 様々な場に適応したメイクの方法を勉強しておかねば、場の空気を乱す根元になり、 マナーや常識を知らないといった不本意なレッテルを貼られる可能性があります。

    例を挙げれば、結婚式でもその場に適応したメイクの方法があるのです。 結婚式での、華やかな席に出席する時には、メイクは明るめにしましょう。 ファンデーションを増やして、より白さを強調したメイクがいいでしょう。 くすんだメイクをしたら、せっかくの明るい場の空気を壊すでしょう。

    厚化粧にならないくらいのラインを見極め、華やかメイクを行いましょう。 チークや口紅、アイカラーも、濃い色をつかったらいいでしょう。 濃い色のメイクは通常はする機会がないので、合わせるのは案外ばっちりでしょう。 華やかな場に招待されたときのために、濃い色を使用したバッチリメイクの方法も覚えなければなりません

    結婚式のメイクの仕方
メインコンテンツ

結婚式でのメイクの注意点

 

結婚式の化粧で注意が必要なのは、質素になりすぎないことでしょう。 ナチュラルメイク派の人は、もっとも気をつけなければなりません。 というのは、結婚式のような場で、大体化粧していないようなナチュラルメイクは、 マナー違反とまではならないですが、あまり歓迎されないでしょう。


このような場は、きちんととおめかしして来ました、というアピールが大切となります。 なので、ファンデーションも、チークも、普段より心持ち多めにする必要があります。 更に、苦労するのが、アイメイクとなるでしょう。 結婚式仕様でのアイメイクの方法は、部分と比べると複雑になります。


口や頬などは、やや明るめの赤という選択肢が通常ですが、アイメイクは比較的ナチュラルでも大丈夫です。 ですが、普段より下地が濃くなる事を念頭においておかなければなりませんが、アイメイクまで きらびやかにしたら、ただの厚化粧になるでしょう。 アイメイクは、アイシャドウを白といった清純な色にしてケバケバしさを抑える効果があります。 アイラインはちゃんと引いた方が良いといえます。


ですが、グラデーションを忘れてはだめです。 眉は、可能ならちゃんと描いておきましょう。 結婚式のメ イクの方法は、派手さ以上にはっきりメイクがいいですね。 通常あまりしっかり描き込まないという人でも、結 婚式の華やかな場に呼ばた時には、眉やアイラインも通常よりちゃんとしましょう。 結婚式のメイクは、 目立たない範囲でしなければなりません。自分が主役と勘違いしてしまっている客がいますが、これ はものすごく常識はずれになってしまうのです。女性にありがちなこの勘違いは気づかないところで 大恥ですので気をつけるようにしましょう。。