• チークは丁寧に塗らなければバランスが崩れる

    ファンデーションを塗り終わって、アイメイクが終了したら、次はチークを塗っていきましょう。 アイメイクの前に塗る人もいるのですが、こういったことは程度手順を覚えた上で自分に適した順番でしているので、 始めはアイメイクの後に塗るほうが効果的でしょう。 それでしっくりしなければ、アイメイクの前にチークを塗るメイク方法を試し、自分との相性を探しましょう。

    チークは、1つ間違えたら厚化粧の原因となります。 頬の色が濃ければ、どのような化粧でも濃いというイメージになるからです。 なので、丁寧に、量もちゃんとコントロールした上で頬につけましょう。 チークの役割は、ファンデーションで平面的になった顔を立体的にする効果があります。

    ファンデーションのみの段階ではのっぺりとした印象ですが、頬に赤みがあればかなり異なるでしょう。 チークは血色を綺麗に魅せるので、上手に加減して使用すればかなり映える顔になるので、ちゃんと学びましょう。 チークの色は豊富です。 ピンク、オレンジ、種類としては口紅に近い程度でしょう。

    個人個人の、顔の作り、肌の色、またはファンデーションの濃さとの兼ね合いでとても印象が変化してくるので、相性を覚える必要がありまうs。 チークを塗るメイクの方法の基本は、立体的に仕上げるのでフェイスブラシを使いましょう。 大切なのは、つけたままではなく、ブラシでぼかし、自然な感じでグラデーションをつけましょう。

    チークは丁寧に
    チークは丁寧に
メインコンテンツ

口紅の色を決める


チークが終わったら、次は口紅となります。口紅は、メイクの手順で、終盤のステップです。 メイクの方法を学ぶ上では、ここまでが1つの流れと考えて良いです。 口紅を塗る際に、どのような色にするかの選択がとても大変です。 口紅は、チーク以上にとてもカラーバリエーションが豊富なものです。


なので、自分に合う色というのみでなく、シチュエーションにより使い分けが可能なほどに なる必要があるでしょう。明るい色、暗い色、ナチュラル色といったように、色を自由自在に使えれば、 メイクの方法も、大きく開けるでしょう。口紅の色は顔のイメージを変化させるだけでなく、人の性格まで印象付けます。 派手な色を使用したら、派手好きな人とイメージされるでしょう。


ナチュラルな色を選択したら、質素な人とイメージされる事が多いでしょう。 それほど、口紅という化粧品は人に与える視覚的な印象が強いのです。 基本的にナチュラルな口紅の色は、薄いピンクやローズとなるでしょう。 オレンジも唇の印象を押さえる事が可能です。ですが、強いレッドやブルーは、唇へのイメージを強めます。


口元に自信がある人には良いでしょう。更に、派手な色で、自分を強く見せることが目的な時にも効果的でしょう。 派手にしたくない時は、ピンク、オレンジの薄い色が効果的でしょう。 ピンクはどんなメイクにも合うので、あまり相性を深く考えなくて良いといった効果もあります。 ただ濃すぎるピンクは子供っぽく見えたり、不恰好になりますので、程度には注意しましょう。 できるだけ質素な感じに仕立ててみて、それがそこから見たときにちょうど良い感じになります。

口紅の色を決める