• 下地クリームをしっかりと塗れば浸透性があがる

    乳液や美容液肌に浸透がしたら、次は下地クリームを塗っていきます。 下地クリーム、ファンデーションと皮膚の解離性が可能となるのです。 なので、ファンデーションがちゃんと落とせるよう、肌に染み込み過ぎないようにする役割のものです。 下地クリームの重要性は、とても増えています。

    それは、前と異なって、最近はファンデーションの肌への浸透性がとても増えているからです。 なので、化粧の乗りは向上し、馴染みやすく、メイクの方法も前より初心者向けになっていますが、その反面、 メイクでの健康の悪化という点が問題になりました。

    とても浸透力が強ければ、メイクを落とす時にちゃんと落とせず、結果ファンデーションが肌に蓄積されます。 そうなったら肌にも良くないのみでなく、健康にも悪影響です。 そういった事を防止するのが、下地クリームの活躍です。 下地クリームは1度に多くつけず、少量のクリームを少しずつ伸ばす必要があります。

    始めは額、頬、口元、鼻で多少のクリームを乗せて、それより指をしようして、顔の全体に 伸ばすように塗るのが方法となります。そしていけば、ムラを作ることなく均等に塗ることが可能です。 更に、伸ばす際に、内側から外側を基本とし、ゆっくり染み込ませるように塗ると効果的です。 初心者の人は、スポンジを使用すると効果的でしょう。 最近は日焼けクリームと下地クリームを一緒にした商品も沢山あり、役割は幅広く広がっています。 なので、メイクの方法も変化してきているのです。

    下地クリームをしっかりと
    下地クリームをしっかりと
メインコンテンツ

ファンデーションの塗り方


下地クリームを塗ったならば、次はファンデーションの出番です。 ファンデーションの仕上がりで、顔の印象はとても変化します。メイクの方法を決定付ける部分となります。 ちゃんとした塗り方をしっかりと勉強し、間違いがないメイクの方法を勉強する必要があります。 ファンデーションは、スポンジを使用して塗るのが有名でしょう。


パウダータイプの時は、最初にスポンジにパウダーをつけて、頬全体に塗っていきます。 そういった時、内から外へと伸ばす必要があります。頬を塗った後は、次は目元となります。 この時、まだアイメイクはしないので、アイメイクの下地にも大切です。 更にまぶたの周りを塗って、のちにまぶたにも塗っていきます。それが終了したら、次は額の上となります。


額は、内から外へとぼかすようにするのが大切です。口元にも同様に、内側から外側へと塗る必要があります。 大体、パウダーは内から外へ塗ることが基本です。メイクの方法の基本であるので、覚える必要がありそうです。 問題は量となりますが、大体は片方の頬をスポンジの半分程度の量を使用して塗ると考えればよいでしょう。 それを目安に、他の部分の量を調整して塗りましょう。


足りなければ足せばいいし、余分に塗ってしまっ た時はティッシュで落とす事が可能なので、 あまり神経質になる必要は ないでしょう。何回か繰り返していけば、自分の適量を発見できるでし ょう。 更に、ファンデーションは色もある程度のバリエーション が豊富なので、肌色に合わせて購入しましょう。 他の人がよく見えるからといって同じものを使っても自分に合うとは限らないのです。 しっかり自分に合ったものを慎重に選びましょう。人に合わせるのはアイメイクにおいてはかなり危険です。 憧れなどがあるのはわかりますが、自分にどれが合うのかを見極めましょう。