• 化粧水で潤いを

    化粧水で潤いを与えると綺麗になる

    人の肌が綺麗に見える条件は何個かあるのですが、その中の1つに「潤い」があるのです。 水分をきちん含んだ肌はツヤツヤし、美しいイメージがあります。 更に、潤いのある肌はファンデーションが乗りやすいので、メイクの方法でも仕上がりを良くするにも、 水分はかなり重要な要素となります。ですが、その潤いを肌に必要な化粧品が、化粧水となります。

    化粧水は、ベースメイクで洗顔の次に使う化粧品となります。 日本は乳液と分けて使用するのが通常ですが、海外は化粧水が存在しない場合が多くあり、 それなら日本は独特のメイク文化であるので。化粧水は、通常は、「一般化粧水」があるのです。 一般化粧水は水が80%くらいあって、それに対しアルコールが10%、更にグリセリンや乳化剤、保湿剤、整肌剤といったものが入っています。

    ですが、最近ノンアルコールの化粧水もあるのです。 ノンアルコールであるので刺激が弱めという点がメリットとなっていますが、アルコールがない分を他の成分で使用しているので、 その成分によっては、アルコール並の刺激になってしまうかもしれません。

    こういったもの以外の化粧水は、美肌効果に大切な「美肌化粧水」、ヘチマやアロエを使った「植物性化粧水」、 にきびや吹き出物などを防止するための「にきび用化粧水」、弱酸性でなくアルカリ性の「アルカリ化粧水」といったものがあります。 化粧水は、メイクの方法によりこういったものを使い分ける必要があります。

    化粧水で潤いを
メインコンテンツ

乳液や美容液で水分を確保


外国では、化粧水でなく乳液や美容液によりお肌の水分を補助します。 ですが日本で、化粧水と乳液等の区別をしていて、それの役割を持たせているために、更にメイクをきめ細かく可能という 利点があるのに、乳液と化粧水との間に明確な差を見出せない時もあります。 メイクの方法を覚えたての初心者は、化粧水と乳液・美容液の違いを覚えて、どういった商品にするか選択するかいいでしょう。


乳液は、水と油とを混在させた液体となります。 油の割合が比較的あり、乳状になっていることから乳液と名前が付きました。 なので、化粧水と比較して馴染み方が異なります。 クリームまで滑らかくはないけど、水までサラサラではないから、中間程度をイメージすると近いでしょう。


ですが、美容液は乳液ほどはネットリせず、水ほどサラサラしてないので、乳液と化粧水の程度であるといえるでしょう。 基本的に、保湿成分や美白成分が有効成分として配合してあるので、用途は乳液と同様の使い方が可能です。 メイクの仕方では、化粧水の後にこの美容液を使用して、のちに乳液を使用する流れが、主流となっています。


ですが、乳液と美容液はどれか1つだけという人もたくさんいます。 乳液や美容液の用途は、保湿と美白が 主流です。 化粧水のみで、乾いてしまう場所を、こういった化粧品で補強するという意味合いで良いと思い ます。 肌に潤いを与えるのみでなく、肌を白く見せるという効果もあるので、こういった事を上手に選択す ることもメイクでは大切です。ほんの少ししたテクニックのようですが、これだけで大きく見た目が変わるのです。 化粧の楽しさがよくわかるテクニックですので是非試しましょう。

乳液や美容液で水分を確保