• ファンデーションの種類

    ファンデーションの種類で変わる効果

    ベースメイクを使うとき、最初にカラーコントロールで下地を作成して、更にファンデーションを馴染ませる必要があります。 ファンデーションはベースメイクで1番重要となり、基礎の部分となるので、どういったファンデーションを購入して 使用するかがとても大切になるのです。 ファンデーションは、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの2つがあるのです。

    リキッドファンデーションは、液状で少ししっとりとしたファンデーションとなります。 それと比較してパウダーファンデーションは粉で、簡単に使えるのがポイントでしょう。 初心者に向いているのは、パウダーファンデーションでしょう。

    修正が聞きやすいという事が1番うれしい点です。 なので、メイクに慣れていないという人の場合は、パウダーファンデーションを使ってみたらどうでしょう。 ファンデーションを使用したメイクの方法は、目的、場所を考え使用することが大事となります。

    例を挙げれば、ナチュラルメイクに仕上げたい時はパウダーのみを使って、外出する時にはしっかりと仕上げるので リキッドを使うといった、自分をどう見せたいかのか、どのような使い道用なのか、といった事を考えたのちに メイクの方法を考えれば、いい調子で外見を作り上げる事が可能となるでしょう。 更に、ファンデーションは肌質により使い分けが大切になります。 リキッドファンデーションは油分を多めに含んでいるので、乾燥肌や普通の肌の人に向いているでしょう。 ですが脂性ぎみの肌の人の場合は、サラっとしたパウダーファンデーションが効果的です。

    ファンデーションの種類
メインコンテンツ

洗顔は優しく


肌を作るファンデーションを塗る際には、色々な下準備が大切です。そういった事が意メイクの方法そのものとなります。 メイクを完成させるには、沢山のステップが必要です。メイクを開始する、始めのステップは、洗顔が必要です。 洗顔のメイクの一部とととのえるにはなんだか変に感じますが、事実、洗顔はとても大切な下準備で、 ファンデーションとはまた異なった意味でメイクへの基礎の部分となるでしょう。


洗顔は、ただたんに水で顔を洗うだけでなく、洗顔料を使ってメイクが乗りやすい肌の状態へ導く作用があります。 なので、洗顔料の選択が最初の関門となってきますが、こういったものは肌質により購入する商品が変化します。 例を挙げれば、皮膚が弱い人は弱酸性の洗顔フォームを購入しなければ、洗顔するはずが逆に肌の荒れ根元を作ってしまいます。 洗顔は、メイクの方法と同じようにコツがあるのです。最初は洗顔料をきちんと泡立てることが大切です。


十分に泡立てが終了したら、泡を顔全体に優しく馴染ませるようにして洗うと効果的でしょう。 ここでポイントが、ゴシゴシとコスってはダメです。 汚れや脂分を取ろうとすると思わずこすってしまいますが、こういったことは逆効果となるでしょう。

洗顔料は、そんなに強く肌にこすらなくてもちゃんと汚れや脂分を落とすことが可能なので、 刺激は最小限に抑えて顔全体を全て綺麗に洗いましょう。更に、すすぎの時には洗顔料を丁寧に落とす必要があります。 化粧成分が残っているとお肌に悪い影響を残したまま就寝する事になりますので、それが蓄積するとお肌が荒 れる原因にもなります。お肌があれてしまってはメイクしても隠し切れない場所もでてきます。お肌の手入れはしっかり ベースとして行いましょうね。全ての土台が顔ですので、ここだけはしっかりしましょう。化粧の時間よりこちらに 時間を多く使う方が大切だったりします。