• 初心者のメイクの仕方

    初心者が注意する事は化粧品の選び方

    女性であるならば、メイクを行うのは社会的なマナーであり、時期が来たら皆が興味を持つでしょう。 反対を言えば、皆がメイク初心者の時期があるのです。 急にメイクの達人、熟練者と同様の手際の良さときめ細かさはないので、今からメイクを学ぶ人であれば、 気負うことなく基礎知識の勉強をしましょう。

    初心者でのメイクの方法で注意するのは、化粧品の選び方となるでしょう。 思わず、最初は安い化粧品で…と思ってしまいますが、間違いと断言が出来ます。 化粧品は、基本的には相性が良いか悪いかの問題です。 値段の高い安いは、まったく関係ないでしょう。

    だけど、メイクの初心者であったら、思わず安い化粧品を買ってしまうでしょう。 初心者でのメイクの方法は、最初に「自分のフィーリングに合った物」の選択が大切です。 初心者の時期は、みんなが早めに抜け出したいので、実際この時期が1番、選択するセンスで優れた時期かもしれません。 どうしてかというと、先入観がないからです。

    更に、こういった時期は初心者の段階のみです。 こういった時期にどのような化粧品を選択するかということは、のちのメイクにも大きな影響があるでしょう。 ここで安い物で済ませてしまったら、のちのメイクがあまり上達しないでしょう。 値段に 関係なく、「これ」という商品、ピンときた商品の使用をお勧めします。 それの選択により、自分で自分 のセンスを自覚することが可能となります。そしてセンスがないと思っている人もセンスは練習により磨かれることも知っておきましょう。

    初心者のメイクの仕方
メインコンテンツ

ベースメイクは加減が大切


顔全て、更にメイクの土台に必要なベースメイクというものは、加減が大切となります。 メイクの方法により、それほど厚化粧というイメージが与えられます。 ベースメイクが濃かったら、くどいイメージを与えるのみでなく、アイメイクや口紅といった、他にも大きな影響が出るでしょう。 例を挙げれば、ベースメイクが濃く口紅が薄いと、唇の色が薄い人と思われます。


なので、顔のメイクはどうやってもベースメイクに引っ張られる形となるでしょう。 なので、自分がどれくらいのメイクをしたいのか、といったことを始めに考えたのちにベースメイクを行わなければ、 全体のバランスを維持するのは難しいでしょう。 大体のベースメイクの方法を軽く説明しましょう。


ベースメイクは大体、いくつかの層を作成する作業ですが、可能ならばその層を薄く出来ればいいメイクが仕上がります。 厚化粧にならないためです。 層は、カラーコントロール、リキッドファンデーション、ハイライトで作成されます。 カラーコントロールは、ベースメイクの更に上のベースとなります。 どれほどの濃度の色を選択するか、ちゃんと確認が必要になります。


こういった事は、何回か違う色を試し馴染む色を探す必要があります。 リキッドファン デーションというものは、どれほど、顔のパーツ別に考えた上で、量を調整していく必要 があります。 塗りたすぎた時も、反対に塗らなすぎでも問題となるので、 適量を把握する必要があります。ハイライトは、いうなら仕上げとりなり ます。 なので、そこまで大きな間違いはしないでしょうが、そこ までキツくならないようにする必要があります。メイクの際に、何度も自分の顔を 確認しながら、メイクをしていくと間違いなくできますので、常に全体を確認しながら メイクをしていきましょう。少しやって確認、また少しやって確認としないととんでも ないことになってしまいます。出来上がってからでは修正の仕様がないので、都度都度確認しましょう。

ベースメイクは加減が大切