• アイメイクで注意すべきポイント

    アイメイクは、何個かの注意点があるのです。 こういった事は、使う道具、メイクする場所により違うので、ポイント別に注意しなければならない事の確認が大切です。 メイクの方法を勉強するには、理想の注意点の両方を勉強する必要があります。 メイクを開始するときに、最初は頭の中に入れる必要があります。 アイラインを引くために、大きく目を見せるために濃いラインを引く時は、ぼかしが必要になります。

    ぼかさないと、マジックで線をひいたかのような少し不自然なラインが出来上がります。 太めの線を引く時は、アイシャドウを使用してグラデーションをつける必要があります。 下まぶたに引くラインは、タレ目効果を期待したり、または釣り目のイメージを緩和するために強調する人がたくさんいますが、 こういったことも少し控えないとバランスが崩れてしまいます。上手に散らして、イメージが集中しないようにすることも大切です。

    更に、アイシャドウでは、色の選択がとても大切となります。 青が濃かった場合、厚化粧と思われてしまいます。 オレンジでも同じですが、オレンジの時は大体は肌に溶け込むので、あまり気にする必要はないでしょう。 大切なのは、自分がどう思われたいかにもよります。

    それにより、メイクの方法も変化するでしょう。 ナチュラルメイクを目指しているなら、すこし薄めの色をつかっていきましょう。 まつ毛では、メイクをしているときに毛穴にバイキンが入らないよう注意が必要です。 人の身体の中で、目の周りはとても弱く、更にまつ毛あたりは更に弱い部分となっているので、少しバイキンが入ったら腫れる場所です。 ビューラーをつかったアイメイクの道具は、可能ならこまめに洗う必要があります。

    アイメイクの注意点
メインコンテンツ

メイクの創世記の名残


メイクは実際、魔よけが最初だったそうです。 まれに、明らかに常軌をしているかのような、恐怖を感じさせるメイクをした写真を見る機会があると思いますが、 このようなメイクは昔の創世記の名残が抜けきっていないのでしょうか。 このようなメイクの原点は、事実、7万年前となっています。


更に、最初からメイクは顔の心象を変化させるものとして、感じられていたので、 魔よけ、儀式のために行うメイクでなく、更に綺麗に魅せるための方法とし、感じられるように変わりました。 かなり昔のメイクの方法は、今みたいな便利な道具や化粧品もないので、自然物を使っていたようです。 中世ヨーロッパは、蜜蝋を化粧水やオイルの代わりに使っていたようです。


更に、その上にファンデーション代わりの白粉を叩いて、美白の顔を作成したようです。 このようなメイクの方法が、今のメイクのベースとなったのでしょう。 そのような意味で、原点と今は何万年もの隔たりがありますが、土台となっている部分は変化していません。


日本では、昔からずっと「おはぐろ」が化粧で行われました。 歯を黒くするといったこういった習慣は色々 な諸説があるのですが、結局は、日本人は様々なものを包み込んでくれる黒という色を 好きな所が1番の理由ともいえるでしょう。 少し前に流行した「ガングロ」も、おはぐろなのかもしれません。今はガングロはもうほとんど見なくなり、逆に白い肌の方へ流行が 流れていますが、このような点からガングロを考えてみると面白いですよね。ガングロメイク もひょっとしたらまた時代のながれで流行る時がくるのかもしれませんね。時代は繰り返す、というのはあながち間違いではなく、じっさいに 繰り返しているのですから。

メイクの仕方で印象は大きく変わる