• 卒業式のメイクの仕方は挑戦のチャンス

    卒業式と入学式だと、メイクの方法はかなり変化するのではないでしょうか。 卒業式でメイクをするならば、入学式から考えると短大ならば2年、4年制大学ならば年の歳月が流れるでしょう。 学生生活をするうちにメイクの方法を勉強したり、自分の表現の方法を覚えてきたころだと言えるでしょう。 大学卒業後に就職する時には、在学中に開始する就職活動で社会人に適したメイクの方法が身に付いてるのではないでしょうか。

    なので、卒業式はそういった事を表現する場面となるのです。 大学の卒業式のメイクは、スーツを着用するか、それか袴で出席するかによって異なります。 洋装と和装では、同様の華やかなメイクを行うのにも抑えるべきポイントが異なります。 さらに、スーツ、袴、その服の色合いで合うメイクのカラーが異なります。

    スーツは上下同じ色となるので問題ありませんが、袴の場合は上の着物に色を合わせる必要があるでしょう。 この方法のほうが写真できれいにうつるでしょう。 就職面接で良いイメージを与えるメイクはナチュラルでしたが、卒業式では多少個性を主張した化粧でも問題はないでしょう。 社会人で世に出ていく事を念頭に考えて、カンペキに仕上げる程度の心意気でメイクを行いましょう。

    卒業式は、華やかなメイクも許される場面となるのです。 自分に適したメイクもいいですね、前から挑戦してみたかったメイクに挑戦するのもいいでしょう。 社会人で巣立つ記念に、チャレンジ精神を存分に出すのもいいかもしれません。

    卒業式のメイクの仕方
メインコンテンツ

卒業式のメイクの注意点


卒業式のメイクの方法は、在学中の校内規定の縛りはないでしょう。 ですが学校側が招く来賓も参加するので、少し社会人での良識を踏まえた上でという前提はあるのですが、 通常の常識から孤立したようなメイクをしなければ問題ないでしょう。 どういったメイクの方法を行うかということは、自分自身のプロデュース能力が必要と言ってもいいでしょう。


袴を美容室で着付けてもらう時は、メイクもプロに任せるのも綺麗を演出する上で、効果的ですが、プロとはいえ、 絶対に自分が気に入るようにしてもらえるとは限らないのです。 そう言った事を思えば、学生最後のイベントでセルフメイクでチャレンジするのもいいでしょう。 その雰囲気に馴染むか、逆に個性を主張していくのか、などを考えたメイクを行えばいいでしょう。


大学の卒業式は、袴で参加する人が多いと思います。 袴に合わせる着物は派手な色合いが多くあるので、メイクも多少派手のほうがいいでしょう。 真っ赤なルージュや濃いアイシャドウでも不釣合いではないので、さまざまなタイプのメイクができるでしょう。


普段は行えないヴィジュアル感のあるメイクに挑戦してもいいでしょう。 ですが、保護者での卒業式の参加は、入学式と同様に目立たないようなメイクが効果的でしょう。 卒業式は、基本的に卒業生が主役となります。間違った考えを持つと、恥をかいてしまうでしょう。 生徒の引き立てを忘れてはダメです。

卒業式のメイクの注意点