• 入学式のメイクの仕方

    子供より目立たない入学式のメイク法

    みんながウキウキして、浮き足立つ入学式。そういった入学式のメイクの方法は、季節感を出す事が大切になります。 入学式は4月、春の時期でしょう。なので、春風のメイクの方法を行うことで、自然と入学式に適したメイクが可能でしょう。 春風のメイクは、それぞれのポイントメイクに使用する色を桜色に近い道具を選択する事がいいでしょう。 アイシャドウをピンク、それか薄い紫にし、チークや口紅も薄めのピンクがいいのではないでしょうか。

    血色が良い人はチークはあまり入れずに、ファンデーションも控えめにしてナチュラルメイクに近い方法で行えば、 春らしいスッキリとした爽やかなメイクが可能となるでしょう。 ですが、全体的な仕上がりを春風にする事が入学式向けのメイクではないです。

    そういった場面に適したメイクじゃないなら、どこまで季節感を出したとしても場面の空気に馴染めなくなります。 今から入学する学校のカラーに適さない派手なメイク、反対に地味すぎるメイクは、周囲から1人だけ浮くでしょう。

    どのような校風の学校に入学するかということも考慮して、メイクの方法を考える必要があるのではないでしょうか。 さらに、同様の入学式のメイクであっても、入学式のメイクと子供の入学式にいく時のメイクは、気をつけるべき場所が異なります。 保護者側で参加する時にはメイクに力が入ってしまいますが、幼稚園、小学校の入学式では濃いメイクは適さないでしょう。 父兄や担任の先生に良いイメージを与えるために、軽めの品があるメイクがいいでしょう。

    入学式のメイクの仕方
メインコンテンツ

入学式のメイクの注意点


入学式に参加する時のメイクの方法で注意が必要なのは、自分の入学式か、子供の入学式に保護者側で参加するかで異なります。 最初に、自分の入学式についてですが、高校か大学かという点でも大きく異なるでしょう。 高校の入学式であるなら、絶対にメイクをしてはだめです。 ですが、今は、メイクをした高校生を目にする事がよくあります。


ですが、入学式の場でそれを行うと浮いてしまうでしょうし、のちの学校生活でもマイナスとなる危険視があります。 風紀の先生の目もあるので、絶対にノーメイクでの参加が効果的でしょう。 大学の入学式であるなら、少しメイクをしたほうが良いかもしれません。大学生は今までとは異なり、社会人のスタイルが望まれます。


少し派手なメイクでも、常識からずれていない程度ならば個性と捕らえられます。自分の手で自分をプロディースしてもいいですね。 目元はまつ毛をマスカラやアイブロウを使用して、アイシャドウは少しラメなどが入っていても問題ないでしょう。 自分が何を着るということにもあわせて、そういった色合いも踏まえた上、メイクの度合いを決めていけばいいでしょう。


メイクを行うことに慣れていないのであれば、百貨店の化粧品売場の販売員に相談して服装に 適した化粧をアドバイスしてもらったり、 自分でする地震がないのであれば、 当日に化粧のみを美容室で行ってもらうことも可能です。 ですが、保護 者として参加する時のメイクは、そこまで目立たないようにする必要があるでし ょう。 保護者が派手なメイクで目立つことは好まれないので、抑え目のメイクでの参加がいいでしょう。 あまり目立ってしまうと、父兄者内でもあまりよく思われない存在になってしまいかねませんので 注意が必要です。