• お葬式のメイクの仕方

    お葬式のメイクの仕方は色が大切

    結婚式とは全く逆の場となる葬式となりますが、こういった場でもメイクは大切です。 お悔やみの場であるので化粧をするのは失礼になるということはないのです。 更に、ノーメイクで行くより品のあるメイクで弔問に行くのがマナーでしょう。 そしてメイクをする暇もないくらい急いでいる場合ではなければ、ちゃんとメイクをする必要があるでしょう。

    葬式のメイクの方法は、通常より控えめの色の選択が大切となります。 普段派手なメイクが好きな人は、カラートーンを抑えて全体に合わせましょう。 葬式のメイクの方法でよくミスするのは、普段の化粧そのままの感覚で口紅やチークの色のみを 抑えるといった中途半端なメイクになってしまった、バランスが崩れるパターンです。

    口紅といったもののトーンを落とす時は、アイメイク、ファンデーションを控えてバランスを考えましょう。 葬式で、告別式やお通夜では多少考えが変わります。 生前に明るい人で、告別式も華やかにしたいという人の時は、少し明るめのメイクで良いでしょう。 生前の故人の人柄をよく理解している、と親族に思われるでしょう。

    ですが、それには親族とかなり親しくしていることが条件です。 そこまで親しくない人の告別式やお通夜なら、お葬式と同様メイクが大切となります。 そこまで深く考えず、派手にならないことを念頭に考えれば、そこまで大きな間違いは起こらないでしょう。

    お葬式のメイクの仕方
メインコンテンツ

お葬式でのメイクの注意点


葬式に参列する時の化粧での注意点は、場に合わない事をしないこと。 結婚式一緒で、お葬式は常識が問われるのです。間違っても派手なメイクで出席してはダメです。 葬式でのメイクの方法として特に注意が必要なのは、ラメやパールなどのキラキラしたものを使ってはダメです。 アイシャドウに通常そのような派手な物を使っている使用している人も、葬式では使用し手はダメです。


口紅も同じで、グロスは特に問題ないでしょうが、色合いが派手なものは控える必要があります。 親族の葬式でも、それは同様でしょう。親族同士だったら、メイクではどうしても派手になってしまいます。 というのも、親族の時は自分が出かけて行くのではなく迎える形なので、失礼のないようにとメイクを ちゃんとする場合が多いのです。だけど、お葬式では、そのような失礼はないのです。


弔問客と同様に、色を抑えたメイクにするのがマナーとなります。 ナチュラルな感じがいいと思っても、全くメイクをしないのもマナー違反でしょう。 ナチュラルメイクが好きな人は、ノーメイクに見られないように普段より若干メリハリが必要かもしれません。 葬式は故人を偲ぶ場で、相応しいメイクで臨む心が大切になります。


葬式でのメイクの方法で特に多いミスは、結婚式同じでバランスの調整失敗でしょう。 色を控えめにため白を強調し、ファンデーションを濃くし色を抑えるというのは、あまりよくないでしょう。 口紅等を抑え目にする時は、ファンデーションも薄くするなどしたバランスが必要です。